指定書って何ですか

公開日 2021年7月12日 最終更新日 2021年7月25日

指定書って何ですか

当社が現場で頻繁にお客様から頂くご質問です。指定書とは、大まかに言って外国人の活動内容を出入国在留管理庁が指定している書面と理解出来るかと思います。つまり、在庫資格によってその活動内容が指定されていることになります。
指定書がある在留資格を列挙して行く事とします。ここで挙げる理由は、みなさんの会社に外国人が面接に来たけれど、どう言った在留資格が指定書を必要とするのか、また、次の章で挙げるように何が書いてあって、なにを見れば働かせて良いかどうかの判断基準になるのか、コロナにより特例措置がたくさん出ていますが、よくあるパターンをみて行く事とします。

在留資格 おもな記載内容
特定活動(ワーキングホリデー) 一定期間の休暇を過ごす活動並びに当該活動を行うために、必要な旅行資金を補うため必要な範囲内の報酬を受ける活動と、風営法に従事する業務はしてはいけないことと記載
特定活動(難民認定申請中) 難民認定申請又は審査請求を行なっている者が行う本邦の公私の機関に雇用されて行う報酬を受ける活動と、風営法に従事する業務はしてはいけないことと記載
特定活動(就職活動中) 就職活動及び当該活動に伴う日常的な活動(収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動を除く)と記載/なお、働かせて良いかどうかは在留カードの裏面のスタンプに資格外活動許可「原則週28時間以内風俗営業等の従事を除く」と記載があれば、週28時間以内の就労は可です。
特定活動(コロナによる帰国困難) 「留学」の在留資格をもって在留していた者が本邦からの出国するための準備のための活動及び日常的な活動(週28時間を上限として収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動)と、風営法に従事する業務はしてはいけないことが記載
特定活動(技能実習生のコロナによる帰国困難) 「技能実習」の在留資格をもって、もともと行なっていた本邦の公私の機関との契約に基づき引き続き従前と同種の業務に従事する活動/会社名、住所と記載
特定技能 特定技能の項に基づき、活動を行うことのできる本邦の公私の機関及び特定の産業分野を指定/会社名、住所、産業分野種別と業務内容を記載
技能実習 「技能実習」の在留資格をもって、本邦の公私の機関との契約に基づき従事する活動/会社名、住所と記載
特定活動(介護福祉士) 経済上の連携に関する日本と相手国との協定に基づき介護福祉士として介護の業務に従事する活動と記載

**他にも指定書により指定された就労活動のみ可と在留カードに書いてある場合は、確認しましょう。

どこにありますか

指定書は、通常、本人のパスポート(旅券)に貼付されています。期限が切れていないか、本人の主張する内容と矛盾しないかも確認したいですね。

いかがでしたでしょうか。

当社では外国人雇用初めてキットをプレゼントしています。詳しくはこちらから登録してダウンロードしてみてください。

Copyright 2021 LTB Live to Business