その人手不足、外国人雇用で解決しませんか。

興味はあるけれど、いま一歩踏み込めない。それは…

どうしたら応募してもらえる?

よく飲食店でオーダーをとって接客したり、コンビののレジ打ちしているのはみたことがあるかと思います。ですが、彼らとどのように接点を持ったらいいのでしょうか。

観光客としてしかみたことない。

コロナの前は大勢の観光客に沸いていたエリアもたくさんあったと思います。浴衣を着ているのをみたり、食事を楽しんだり、そんなイメージが強いかもしれません。「一緒に働く」というイメージは薄いかもしれません。

このエリアにいるの?

「駅からも遠い、車でしかこれない。そんな場所に働きに来てくれるような人はいるのでしょうか。」そんな質問もいただきます。

住所とか伝票とか読めるの?

漢字で書かれた住所、きちんと理解をして配達を完了できるの?誤配があっては大変。 伝票だって間違ったものを箱詰めしてしまったら…。心配になりますよね。

会話はどのくらいできるの?

「こんにちは」と言えるだけでは困る。しっかりとこちらの意図までわかって欲しい。間違った結果につながるのは怖いですよね。

どうして日本で働けるのか、そもそも仕組みを知らない。

外国人は周りにたくさんいる。だけどどんな背景で日本にいるのかは知らない。ましてや、働いていいのか悪いのかなんて知るわけない。

在留カードの見方がわからない

在留カードというのがあるのは聞いたことがある。だけど、実際面接に来た外国人が働けるかどうかなんて知るわけない。どこをみたらいいの?

偽造はないの?

一時期、技能実習生が失踪したとか、そのあと見つからないとか聞いたけど、そのあとどうなっているの?偽造して働いていたりしないのかな。

時間は守れるの?

日本人はとにかく時間を守る国民性だから、時間にルーズなのは受け入れがたい。その辺はどうなの?

食べ物とか気を付けなくちゃいけないものは?

牛肉はダメ、豚肉は食べない、ビーガンだからっていうのは聞くじゃない?もし同僚に外国人がいたら、食事に誘う時どうしたらいいの?

お祈りとかはどうしている?

1日5回お祈りが必要というのも聞くんだけど、雇い入れる側で気を付けなくちゃいけないことは?ただ、仕事に差し障りがあるのはちょっと。

求職者のほんの一例です。

外国人財に向き合って丸6年

私たちLTBは100カ国以上国と地域の方達と、毎日100件以上の問い合わせに向き合ってきました。だからこそ、蓄積してきたノウハウがあります。

外国人に向けSNS上で日々情報を配信

コロナで不安なのは日本人だけではありません。私たちは国の助成金や支援策はもとより、日本に住むために必要な情報を翻訳して外国人に提供し信頼関係を構築しています。

カバーエリア

弊社登録の外国人求職者のうち80%が千葉、神奈川、埼玉、東京、栃木、茨城、群馬といった関東圏で、九州地域(福岡、熊本、大分等)、中部(岐阜、愛知、静岡等)、関西(京都、大阪、兵庫など)に加え、東北(宮城、青森、福島など)や北海道にも登録者がございます。

日本語能力検定(JLPT)を確認

日本に留学している学生さんのうち、そのほとんどが日本語能力検定を受験しています。日本語を勉強する外国人にとってポピュラーな資格で、日本人にとっての英検のようなもの。JLPTはN1を最難関としてN5までの種別があります。

経験から確認

日本に住む外国人の皆さんの経験は様々です。日本人と変わらないと言っていいかもしれません。
介護の現場で記録を書いていたり、接客サービス業でレジ締めや発注を行ったり、ルート配送では伝票をみながら箱詰めして商品を納品したり様々です。私たちはこの経験を大切に日本語レベル判定の基礎としています。

コミュニケーション

言葉によるコミュニケーションは読み書きよりも重要な部分を占めるかもしれません。私たちは累積3万人以上の方達と会話を通して外国人の方の傾向を掴んできました。

オンライン上で在留種別を確認

留学生、家族滞在、永住者、定住者、日本人の配偶者、技能実習生、特定技能1号、特定活動46号、難民申請中の特定活動、就職活動中の特定活動、ワーキングホリデー、観光ビザ、技能ビザ、技術・人文知識・国際業務、EPA、公用ビザ等30種類を超える在留種別があります。 私たちには長年の豊富な知見があります。働かせていいもの、働かせてはいけないもの、働けるけれど気を付けなくてはいけないもの、ご安心頂ける情報を提供いたします。

在留カードの見方を提供

面接に来たけれど、どこを確認したらいいのかわからない。ホログラムといった表面の見方や裏面で気をつけなくてはいけないところがあります。 実際に現場での確認方法をご案内します。

アプリで解決

在留カード内部にあるICチップを読み込むことで、かなりの確率で偽造カードを持つ外国人の不法就労を避けることができます。気になる方はぜひセミナーにご参加ください。

日本人と外国人の商習慣や文化の違いを理解する

時刻表がないバス停がある国はたくさんあります。私たち日本人も外国に長く住めばそのような環境に倣うことが生活をしていく上で重要ではないでしょうか。 日本に住む外国人も然りです。私たちのリサーチでは2年以上日本に在留する外国人の80%以上が日本人の「時間を守る」ことの重要性を理解しています。日本の商習慣をリスペクトしてくれていることは嬉しいですね。

食事などの習慣

20年前であれば、スーパーに並ぶ食品にアレルゲンの表示がされていることはほぼなかったかと思います。外国人の食事への気遣いはそれに似た配慮として捉えてはいかがでしょう。 「牛肉は食べてはいけない」と「牛乳を飲むとお腹を壊す」方向性をごちゃごちゃにしてはいけない、という指摘はよく理解できます。ですが、摂取しないという意味では同じ目線で捉えることで、日本人側の聞いてはいけないと言った気持ち的な負担が減るかもしれませんね。

まずは、「わからない」、「しらない」を解決しませんか?

運営会社

株式会社 エルティービー
東京都新宿区西新宿7-18-18 #313

☎︎ 03-6258-0972/✉︎ info@livetobusiness.co.jp

会社概要