日本語はどのくらいわかるの?

漢字を書く

日本語を流暢に操る外国人の方を都内コンビニ店などでは多く見かけるようになりました。2015年から5年ほどで大きく変わったなと感じます。

では、日本語の能力を測る尺度はあるのか。英検と同じようなイメージを持ってもらうのがいいと思うのですが、日本語能力試験(JLPT)があり、留学生にはおなじみのものです。1985年には7000人程度でしたが、2018年には100万人が受験をしています。

ほとんどの留学生はN5からN4を合格して来日するケースが多く、N4で小学校2〜3年生くらいの漢字と、ひらがなカタカナはほぼ全てが理解できるレベルになります。口頭コミュニケーションはゆっくり話すと理解できるイメージかと思います。

**当社作成:日本語レベル一覧日本語レベルサンプル

Copyright 2020 LTB Live to Business