在留資格(ビザ)の種類

2019年国会やニュースにも取り上げられた「技能実習生」のほか、コンビニでよく見かける「留学生」、働きながら休暇を楽しむ「ワーキングホリデー」、「医師」や「弁護士」と言った「就労ビザ」など30種近くの在留資格があります。

それぞれの特徴ですが、一般に「就労ビザ」は仕事と本人が学んだことやバックグラウンド紐づいているものと理解をしてもらうのが一番いいかと思います。一方「留学生」や「家族滞在」という資格を持つ背景として、そもそも働きに来ているわけではないので就労に対する制限があります。

2019年4月から新しく創設された「特定技能ビザ」とともに詳しく見ていきましょう。

次コラム▷ 在留カードの就労不可って大丈夫?留学生の場合

ビザの種類トップに戻る

Copyright 2020 LTB Live to Business