家族滞在ビザってなんですか

家族滞在ビザとは

多くはお父さんやお母さんが日本で就労資格をえてフルタイムで働いている方の家族になります。主計者(大黒柱)が一定の収入があり安定して生活を支える能力があると認められる場合に、その家族に申請により付与される在留資格です。
家族滞在の在留資格を持つ方も、週28時間の就労制限があります。こちらは学生と異なり、週40時間働いてもいい期間などはありません。
また、雇用保険や社会保険も日本人と取り扱いが全く同じになるため、場合によっては大企業では週20時間の就労で社会保険(政府広報)が、週20時間以上で雇用保険も加入対象となる場合があります。
なお、主計者の在留許可更新がなされない場合は家族も帰らなくてはならない場合があることを念頭に置きましょう。

**このコラムはLTBが経験上積み上げてきたノウハウを公開するもので、内容についてのご判断は責任を負いかねます。ご不明点やさらに突っ込んだ質問等、詳しくは弊社にお問い合わせください。

次のコラム▷
定住者と永住者の違いはなに?

◁前のコラムに戻る
留学生夏休みっていっぱい働ける?どうやって確認するの?

ビザの種類トップに戻る
関連情報
もう少し知りたい、週28時間の細かい規定

Copyright 2020 LTB Live to Business