Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/shu-katsu/livetobusiness.co.jp/public_html/ltbnew/wp-content/plugins/siteorigin-panels/inc/styles-admin.php on line 392
建設業と特定技能外国人1号 » 外国人材の募集採用ならLTB

建設業と特定技能外国人1号

建設業でどのようにしたら特定技能外国人を導入できるか

前回の記事でも述べたとおり、建設分野のうち18職種について特定技能外国人を活用できることを書きました。ここからは、どのようなルートで雇用できるのかについて触れていきます。
建設分野には特殊なステップがあります。
まずは、受入機関(受け入れ企業)として、特定技能外国人を受け入れる前に事前準備として行わなければならないこと、遵守しなくてはならないことは以下の通りです。

  1. 建設業許可を取得していること
  2. 建設キャリアアップシステムへ事業者登録していること
  3. 特定技能外国人受入事業実施法人(一般社団法人建設技能人材機構(JAC))へ加入していること
  4. JACへの加入は特定技能を受け入れる企業が直接賛助会員として登録することでも、加入している建設業者団体を通して間接的に加入することのどちらでも可能です。

  5. 建設特定技能受入計画の申請の日から5年以内又は申請の日以降に建設業法に基づく監督処分を受けていないこと

そして、有料職業紹介では建設人材の斡旋が禁止されているため、無料職業紹介やハローワーク等や建設技能人材機構(JAC)を通して特定技能外国人を受け入れることとなります。また、支援内容も登録支援機関への委託か国際建設技能振興機構(FITS)への委託かを選択可能(部分的には事前ガイダンス及び生活オリエンテーション)、転職支援及び相談・苦情の受付は建設技能人材機構へ無償で委託することが可能です。さらに、受け入れをする際には「建設特定技能受入計画」を国土交通省に提出し認定を受けなくてはなりません。また、この認定の写しを入管より在留資格の許可・交付を受ける際に提出しなくてはなりません。

特定技能外国人導入フローと建設分野に特徴的な導入フローを比較して図示します。

建設業に特定技能外国人を導入することとなった背景はこちら

特定技能1号の建設分野の給料はどのくらいか

雇い入れる際の給与の予定額は支援計画等にも盛り込むこととなります。また実際にその額が支払われているのかどうか、3ヶ月に一度の入管への定期届出の報告内容にも含まれています。
建設告示3条3項2号には「同等の技能を有する日本人が従事する場合と同等以上の報酬を安定的に支払い、技能習熟に応じて昇給を行うとともに、その旨を特定技能雇用契約に明記していること」としています。
実際にどのくらいの額が必要になってくるのでしょうか。建設分野特定技能1号外国人は、評価試験を合格した者(試験免除をされる技能実習修了者もいますが)が基本は3年程度の経験を有する日本人と同等の給与水準と比較して設定するべきとしています。参考となるのは「外国人建設就労者(特定活動32号)は、技能実習生2号以上を修了した者で、同一技能同一賃金の原則は特定技能外国人と同様です。2018年10月現在〜中略〜1年目で平均的に22〜23万円の月収となっていて、これに加え手当も支払われる〜以下略」(建設分野の外国人材受け入れガイドブック2019/建設技能人材研究会)となっており、地域的な差はあれど、最低賃金で良いということはないと認識しておいた方が良いかと思います。

特定技能外国人1号が就ける建設業18職種

特定技能外国人が建設業に携わる際、一定の業種でしかその労働を認められていたいことは前回触れました。ここではその個別の内容はどのような作業なのか詳述していきたいと思います。なお、主な業務内容のほか、通常日本人が働くこととなった場合に行うような関連業務についても、付随的に従事させられます(ただし、除草・除雪等の建設工事には該当しない業務)。付随的な業務だけを行わせることはできません。

建設分野における特定技能外国人が行える業務内容
型枠施工 業務の定義 指導者の指示・監督を受けながらコンクリートを打ち込む型枠の製作、加工、組み立てまたは解体の作業に従事。
主な業務内容
  1. 基準墨出し、型枠組み立て用墨出し、躯体・仕上げ用墨出し
  2. 型枠下ごしらえ・加工、型枠パネル製作
  3. 特殊型枠、PC型枠製作
  4. 型枠・型枠パネル組み立て、特殊型枠、鋼製型枠等組み立て、PC版取り付け、鋼製デッキ等取り付け
  5. 型枠用足場・支保工足場組み立て
  6. 型枠締め付け・固定、型枠支保工設置
  7. コンクリート打設合番
  8. 型枠・型枠パネル解体、特殊型枠、鋼製型枠等解体
  9. 型枠支保工解体、型枠用足場・支保工足場解体
左官 業務の定義 指導者の指示・監督を受けながら墨出し作業、各種下地に応じた塗り作業(セメントモルタル、石膏プラスター、既調合モルタル、漆喰等)に従事。
主な業務内容
  1. 壁塗り
  2. 床塗り
  3. コンクリート面金鏝仕上げ
  4. 墨出し
コンクリート圧送 業務の定義 指導者の指示・監督を受けながら、コンクリート等をコンクリートポンプを用いて構造物の所定の型枠内等に圧送・配分する作業に従事。
主な業務内容
  1. コンクリート圧送工事の段取り
  2. 輸送管の配管(輸送管の判別・選定、輸送艦閉塞時の対処含む)
  3. コンクリートポンプ及び関連装置の操作(コンクリートポンプ故障時の修復箇所の判定及びその処置を含む)
  4. 筒先作業
  5. 圧送装置及び輸送管の洗浄
トンネル推進工 業務の定義 指導者の指示・監督を受けながら、地下等を掘削し管きょを構築する作業に従事。
主な業務内容
  1. 立坑の築造、埋め戻し
  2. 地上設備・坑内設備の設置・撤去
  3. 掘削
  4. 管きょの敷設(撤去・更新・改築を含む)
  5. 掘削土の処分
  6. コンクリート構想物の築造
建設機械施工 業務の定義 指導者の指示・監督を受けながら、建設機械を運転・操作し、押土・整地、積み込み、掘削、締め固め等の作業に従事。
主な業務内容
  1. 建設機械の走行操作
  2. 押土・整地(押土、巻き出し盛土、敷土(撒土)伐開除根、岩石の移動・除去、埋め戻し)
  3. 掘削・運搬、積み込み
  4. 掘削・法面仕上げ
  5. 締め固め(盛土・路盤・フィルダムの締め固め、アスファルト舗装の転圧)
  6. 坑基礎作業(杭の建て込み・打設・埋め込み)
  7. 現場打ち基礎作業(障害物の除去、汚水プラントの設置、鉄筋かご加工設置、機械器具の運搬・組み立て)
  8. 切断・穿孔(アスファルト・コンクリート・割岩孔・静的破壊孔・ロックボルト孔・アンカー孔の穿孔、ロックボルト・アンカーの挿入
  9. 重量物の揚重運搬設置
  10. 建設機械の保守及び整備
土工 業務の定義 指導者の指示・監督を受けながら、掘削、埋め戻し、盛り土、コンクリートの打ち込み等の作業に従事。
主な業務内容
  1. 掘削(人力、機械、火薬及び薬剤等による掘削作業や押土、運搬、積み込み等の土砂を移動する作業)
  2. 埋め戻し(人力、機械等による埋め戻し作業や敷き込み、敷均し、転圧、締め固め等による表面、斜面の整形作業)
  3. 盛り土(人力及び機械での盛り土作業、盛り土した表面、斜面の整形作業や塗布、植え付け等の施工表面処理作業)
  4. 水処理(地下水の汲み上げ等の土地改良工事作業)
  5. コンクリートの打ち込み(人力、機械等による打ち込み、充填、締め固め等の作業や残コン処理作業)
屋根ふき 業務の定義 指導者の指示・監督を受けながら、下葺き材の施工や瓦等の材料を用いて屋根を葺く作業に従事。
主な業務内容
  1. 屋根ふきの段取り
    • ・瓦、化粧スレート等の選定
      ・現場寸法取り
      ・瓦、化粧スレート等の割付け
      ・下葺き材、桟木の施工(化粧スレート等は特殊工法のみ)の施工
  2. 屋根ふき
    • ①瓦
      ・瓦合せ(一文字、刻み袖及び特殊がわらを除く)
      ・瓦ぶき用の土の練合せ
      ・瓦のふき上げ(緊結を含む)(本ぶき及び特殊がわらによる工法を除く)
      ・瓦ふき作業に伴う樹脂接着
      ②化粧スレート等
      ・各所水切、化粧スレート屋根材等の取り付け
      ・化粧スレート屋根材等の取り付けに伴う樹脂接着剤、熱絶縁
      ・換気棟等の施工
      ・屋根の補修
電気通信 業務の定義 指導者の指示・監督を受けながら、通信機器の設置、通信ケーブルの敷設等の電気通信工事の作業に従事。
主な業務内容
  1. 通信機器の設置・据付及び撤去(通信機器の例:交換・伝送危機、IP機器、端末機器、無線機器、アンテナ、電源装置(受配電・エンジン・蓄電池・交流・直流・空調)、基礎設備(ケーブルラック、二重床、架台等))
  2. 通信ケーブル(屋内配線を含む)・電源ケーブルの敷設・接続・撤去
  3. 通信機器設定/データ設定作業
  4. 電柱の新設/撤去
  5. マンホール・ハンドホールの新設・撤去
  6. 舗装の破砕・復旧
  7. 配管(地中及び屋外)の新設・撤去
鉄筋施工 業務の定義 指導者の指示・監督を受けながら、鉄筋加工・組み立ての作業に従事。
主な業務内容
  1. 図面の読解(構造図、躯体図、鉄筋配筋図など
  2. 鉄筋の加工(機械加工・切断・曲げ)
  3. 鉄筋の組み立て(手加工作業を含む)
  4. 鉄筋組み立後の確認(自主検査等)
鉄筋継手 業務の定義 指導者の指示・監督を受けながら、鉄筋の溶接継手、圧接継手の作業に従事。
主な業務内容
  1. 鉄筋端面加工作業
  2. 鉄筋支持器、溶接治具等の鉄筋取り付け
  3. 溶接器等の取付け・脱着
  4. 鉄筋の継手
内装仕上げ 業務の定義 指導者の指示・監督を受けながら、プラスチック系床仕上げ工事作業、カーペット系床仕上げ工事作業、鋼製下地工事作業、ボード仕上げ工事作業、カーテン工事作業、壁装作業の作業に従事。
主な業務内容
  1. 下地の点検及び調整
  2. 仕上げ材の選定
  3. 内装仕上げ材の採寸、割り出し、割り付け及び墨出し
  4. 壁下地・天井下地の組み立て
  5. 天井・壁・床の仕上げ
とび 業務の定義 指導者の指示・監督を受けながら、仮設の構築物、掘削、土止め及び地業、躯体工事の組み立て又は解体の作業に従事。
主な業務内容
  1. 足場の組み立て
  2. 仕上げ材の選定
  3. 内装仕上げ材の採寸、割り出し、割り付け及び墨出し
  4. 壁下地・天井下地の組み立て
  5. 天井・壁・床の仕上げ
建築大工 業務の定義 指導者の指示・監督を受けながら、建築物の躯体、部品、部材等の製作、組立て、取り付
け等の作業に従事。
主な業務内容
  1. 墨付け作業
  2. 躯体の製作・組立作業
  3. 部品・部材の製作作業
  4. 部品・部材の組立作業
  5. 部品・部材の取り付け作業
  6. 防水作業
  7. 断熱作業
  8. 既存建築物の調査・修繕作業
配管 業務の定義 指導者の指示・監督を受けながら、配管加工・組立て等の作業に従事。
主な業務内容
  1. 配管施工図の読解
  2. 材料どり
  3. 配管の加工(配管加工・切断・曲げ・接合)
  4. 配管の組立て、取り付け
  5. 配管組立後の確認(水圧試験)
建築板金 業務の定義 指導者の指示・監督を受けながら、建築物の内装(内壁、天井等)、外装(外壁、屋根、
雨どい等)に係る金属製内外装材の加工・取り付け又はダクトの製作・取り付け等の作業 に従事。
主な業務内容
  1. 内外装板金作業
    • ・内外装板金工事の段取り作業
      ・切断・曲げ等による直角、複雑な形状等及び曲面のある板金製作作業
      ・屋根・雨どい等の外装作業
      ・壁・天井等の内外装作業
      ・飾り金物の製作・取付作業
      ・内外装板金接合作業
      ・内外装板金製品の組立て作業
      ・内外装板金加工用機械の操作及び調整作業
      ・内外装板金用器工具の選択及び取扱い作業
  2. ダクト板金作業
    • ・ダクトの製作作業の段取り作業
      ・複雑なダクト類の湾曲した部分及び分岐した部分の板金作業
      ・各種相貫体の板金作業
      ・はぜ組みによるダクトの接合作業
      ・リベット締めによるダクト製品の組立て作業
      ・ダクト製作用器工具の選択及び取扱い作業
保温保冷 業務の定義 指導者の指示・監督を受けながら、冷暖房設備、冷凍冷蔵設備、動力設備又は燃料工業・化学工業等の各種設備の保温保冷工事作業に従事。
主な業務内容
  1. 配保温保冷工事用材料の取付け及び充てん作業
  2. 補助材の取付け作業
  3. 防湿材の取付け作業
  4. 外装仕上げ作業
吹付ウレタン断熱 業務の定義 指導者の指示・監督を受けながら、吹付ウレタン断熱工事等作業に従事。
主な業務内容
  1. 現場段取りの構築
  2. 吹付け硬質ウレタンフォーム断熱工事作業
  3. 品質管理作業
海洋土木工 業務の定義 指導者の指示・監督を受けながら、水際線域、水上で行うしゅんせつ及び構造物の製作・築造等の作業に従事。
主な業務内容
    人力、機械、作業船等により以下の作業を行う。

  1. しゅんせつ作業
  2. 地盤改良作業
  3. 埋立・揚土等作業
  4. 杭・矢板等の打込み作業
  5. 基礎石等の水中投入・均し作業
  6. コンクリートブロック等の製作工事
  7. 重量物の運搬据付作業
  8. 現場コンクリート打込み作業
  9. 舗装作業

雇用形態と受け入れ人数キャップ

特定技能外国人を建設分野で受け入れる場合、直接雇用でかつ、フルタイムでの受け入れのみとなります。特定技能に限らず、労働者派遣法においても、現場での作業にあたる労働者の派遣は禁止されています。また、受け入れ人数の制限ですが、1号特定技能外国人と外国人特定建設就労者(特定活動49種のうちの1つ、特定活動32号)の合計人数が、その「法人」で働く常勤職員の合計人数を超えないこととなります。(建設告示3条3項7号)


次の記事では、建設分野における特定技能2号について触れていきます。

Copyright 2021 LTB Live to Business